変形性膝関節症のリハビリ

変形性膝関節症の方を見る機会が多々ある。

その方を見ていると、やはり共通点が見えてくる。

疾患別のセットの合併症が多い気がするのも気のせいか。

 

特に変形性膝関節症をとると、顕著である。

変形性膝関節症の患者さんの多くは腰部脊柱管狭窄症であることがある。

膝の痛みがあり、腰も痛く、長く歩くと疲れ、足部が上がらなくなってくる。

 

こういう時にセットの合併症を知っていることで、この先起こりうる症状や気にするべ注意事項が変わってくる。

 

リハビリは疾患で考えるべきではなく、個人個人の評価治療が必要だと思う。

けれども、同じような傾向があり日々忙しく働く治療家にとって一助となるのではないのか。